スーパーPフォースはまずここで購入できます

早漏の改善効果と、ED治療が同時に行える医薬品としてスーパーPフォースというものがあります。
スーパーPフォースは早漏防止効果に、バイアグラが持っている勃起改善効果が加えられたジェネリック医薬品となります。
1錠あたりにつき、早漏防止効果のある主成分であるダポキセチンが60mgと、バイアグラの主成分であるシルデナフィルが100mg配合されています。
ダポキセチンは、人間の体内におけるセロトニン濃度を高める作用があり、射精のスイッチになると考えられている交感神経を優位にする、
ノルアドレナリンを抑制する効果があります。ダポキセチンの作用によって、女性の膣内にペニスを挿入してから、射精に至るまでの時間が3~4倍になると言われています。
ダポキセチンを主成分として配合している早漏防止薬としては、プリリジーが有名です。
ダポキセチンの持続効果は5~6時間ほどで、服用してから1時間ほどで効果が現れるために、性行為の1~3時間前あたりに服用しておくことが理想的です。
スーパーPフォースに配合されているシルデナフィルは、バイアグラにも使われており、勃起を抑制させる酵素のPDE5の働きを阻害します。
それによって勃起を促進させる効果が得られて、持続時間としては4~5時間ほど継続します。
服用してから30分から1時間ほどで効果が現れ始めますので、性行為の1時間前に服用しておくことがおすすめです。
スーパーPフォースは薬局などで販売はされていませんので、入手するには医薬品の通販サイトを利用する必要があります。
あんしん通販薬局などのインターネット上の通販サイトで購入することが可能で、パソコンやスマートフォンを使って注文をして入手することになります。

では実際にスーパーPフォースを使っての時間は?

世の中には、勃起不全や早漏といった問題に悩む男性がたくさんいます。
人間の欲求段階でも、より本能に近い部分が満足に機能していないという問題は、精神的にも辛いものがあります。
このことにより、女性を喜ばせてあげられない、嫌われたらどうしようという心配やトラウマが、さらにうつ状態を引き起こして悪化することもあります。
このような悩みを解消し、勃起不全と早漏をサポートしてくれる薬が、スーパーPフォースというジェネリックの医薬品です。
スーパーPフォースは、バイアグラなどの勃起不全治療薬と同じ成分を含んでいるため、スムーズな勃起を促してくれます。
持続時間は4~5時間なのでバイアグラよりは短めですが、緩やかな効果により副作用も少な目です。
また、もうひとつの主成分によって、早漏を防止してくれるという効果も期待できます。勃起不全の約25%の人が、早漏にもなると言われています。
早漏に対する効き目ですが、女性の膣に挿入してから射精するまでの時間が、おおよそ3~4倍も長くなります。
大方の早漏の人が、挿入後2分足らずで我慢できずに射精してしまうので、具体的には6~8分の持続を可能とします。
ただし、スーパーPフォースには併用禁止薬があり、高血圧の薬と併用すると血圧を一気に下げてしまい、命を落としてしまう可能性もあります。
また、抗生物質・鎮痛剤・抗がん剤・抗不整脈の薬と併用すると、スーパーPフォースの効き目を強くしてしまう恐れがあるので、併用は避けなければなりません。
個人輸入などで入手することができますが、判断を誤ると健康に影響が出てしまいますので、決められた用法と注意を守って服用する必要があります。
連続服用も副作用を強めてしまうので、必ず24時間以上空けてから服用するように心掛けましょう。

スーパーPフォースを酒で飲む

ED治療薬のバイアグラの成分であるシルデナフィル100mgと、早漏改善薬のプリリジーの成分であるダポキセチン60mgを一緒に配合したものがスーパーPフォースで、1つの飲み薬で2つの症状が改善できる贅沢な医薬品となっています。
また、インドの製薬会社が製造および発売するジェネリック医薬品となっているため、安価で購入できることが人気となっています。
医薬品は通常なら水かぬるま湯で飲むのが一般的で、脂質の多い牛乳やアルコールが入ったお酒で飲むことは厳禁とされています。
しかし、ED治療薬は特殊な環境となることが多く、自宅なら簡単に用意できてもホテルなどの外出先では用意できないことも少なくありません。
事前にペットボトルを準備できていれば良いですが、どんな状況で起こるか分からないこともあるので手元にお酒しかないということもあるでしょう。
あるいは性行為の緊張を紛らわせるためにお酒を飲む人もいますが、スーパーPフォースと一緒に飲んで大丈夫か気になる人も多いようです。
アルコールによって感覚がマヒしてある程度のリラックス効果が望めるため、本来は吸収の問題で一緒に飲むのは控えるべきですが、適量であれば問題ないということになっています。
ただし、スーパーPフォースには血管を拡張する作用で血液の巡りが良くなるため、多量に飲酒するとアルコールが全身に回って酔いが酷くなることもあります。
最悪の場合は倒れてしまうこともあるので、飲酒量は控え目にして、お酒に弱い場合は薬を飲むときだけに抑えておきましょう。
いくらお酒に強くても、酔いが回ると勃起しない、射精できないという問題も起こるので飲み過ぎには注意しなくてはいけません。